FC2ブログ

室町

室町幕府の成立

鎌倉幕府滅亡後、足利直義が成良親王を奉じ、鎌倉入りし、鎌倉府を置き初代鎌倉公方に足利基氏が就任した。この後、基氏の子孫が鎌倉公方として東国経営をすることになる。  今回は、この基氏が没するまでと、鎌倉以外・室町幕府関係の記事を年代を追ってリポートします。

建武元年(1334) 護良親王(moriyosi)が後醍醐天皇の命で鎌倉に流される。 親王は鎌倉幕府の討幕に功績が在ったが、足利氏との抗争に敗れその政治生命を失った。配流の理由は、謀反を企てたと云うものであった。  鎌倉では足利直義の監視下に置かれ、二階堂・薬師堂ヶ谷(現・鎌倉宮付近)の東光寺(廃寺)に禁固の身となったと伝わる。  (鎌倉大日記) (梅松論)
伝護良親王・土牢(鎌倉・二階堂) 現鎌倉宮・奥
s-2011_0115_135238-DSC01321.jpg

建武二年(1335) 北条高時の遺児時行が信濃国で反乱をおこし(中先代の乱)、武蔵女影原・小手指原・府中の緒戦で足利軍を撃破して、鎌倉に入る。これに対し、足利直義は成良親王・足利義詮(尊氏の嫡子)と共に東海道を西へ敗走する。尚、直義は護良親王殺害を鎌倉出発時に命じている。   (梅松論)
護良親王・墓所(鎌倉・二階堂)  現宮内庁管理
s-2011_0115_135113-DSC01318.jpg

同年、足利尊氏は天皇の許可を待たずに、関東へ出撃し北条時行軍を破り鎌倉を奪回する。  しかし、後醍醐天皇が下した新田義貞らの官軍を破り、足利軍は京都に入るが、再び官軍の攻撃を受け一時敗走するが、軍勢を立て直し、持明院統の光厳上皇を奉じて入京。  そののち後醍醐天皇との講和が結ばれ、建武式目によって新しい幕府の政治方針が定められる。  (室町幕府の成立)  (建武式目)(梅松論)

貞和五年(1349)以後北朝年号にて記す、 足利氏による関東支配の為に鎌倉に置かれていた足利義詮(yosiakira)が弟基氏(motouji)と交代の為、京都に帰った。  足利基氏の鎌倉公方就任はこのタイミングで行われたのである。関東管領に上杉憲顕を置き、鎌倉府の体制が整ったのである。

文和二年(1353)足利尊氏が畠山国清を関東執事とし、基氏に鎌倉の防備を命じ、上京した。  この間上杉憲顕は観応の擾乱(足利尊氏と直義兄弟の対立)によって尊氏と対立し一時地位を追われていた。  これより先、南朝軍の京都占領により美濃に逃れていた北朝・後光厳天皇と足利義詮が尊氏の救援を求めており、これに応じ後光厳天皇を奉じ入京する。

康安元年(1361)東国武士の間で畠山国清の圧政にに対する不満が高まり、足利基氏は国清を関東執事から罷免し鎌倉より追放する。国清は伊豆に城を構えて抵抗するが失敗に終わる。 (安保文書、雲頂菴文書、鎌倉大日記)

貞治二年(1363)  足利基氏の要請で再び上杉憲顕が幕政に復帰し、関東管領として鎌倉公方を補佐する事になった。   (上杉家文書、後愚味記)

貞治六年(1367)足利基氏没する。  子の金王丸(氏満)が二代鎌倉公方を継ぐ。  翌年上杉憲顕が足利で没する、替わって上杉能憲(yosinori)(憲顕の子)と朝房(tomofusa)(憲顕の兄憲藤の子)の二人が関東管領となり「両上杉」と称せられる。
(愚管記、鎌倉大日記、上杉系図)

平成二十四年壬辰・乙巳・戊戌
スポンサーサイト



鎌倉か京都か

室町幕府の発足・・・鎌倉に幕府を置くべきか、別の場所に移すべきか。
鎌倉は右大将・源頼朝が初めて武士の政権をうちたて、承久の乱において幕府軍が後鳥羽院に勝利し、これを指揮した北条義時が天下を手中に収めた土地である。武家にとって縁起の良い約束の地というべき場所であろう。
北条氏は、次第に権勢に驕りを重ね、滅亡してゆくが、それは所在の故ではなく、あくまで政道を誤ったからである。
建武三年(1336)後醍醐天皇は京都を追われ、建武新政は三年足らずで挫折した。かわって足利尊氏率いる室町幕府が中央政権としての資格を手中にし、「建武式目」を制定した。
建武式目は、幕府の設置場所について述べる第一項と、当面の基本政策・十七ヵ条から成っている。
「非京都」の政権を実現したのが源頼朝の鎌倉幕府である。頼朝は、西国を転戦して平氏を追討する役割を、弟の義経らに任せ、自信はもっぱら鎌倉にあって、関東武士達の統率に心を砕いた。・・・後白河院はたびたび頼朝の上洛を促したが、彼がそれに応じたのは、鎌倉幕府が一応の形を成してきた建久元年(1190)の事である。
満を持しての京都政界登場で、後鳥羽上皇・後白河院に謁し、摂政・九条兼実と会談した。・・・頼朝の上洛は、内乱の総決算という性格をを帯びており、奥州平泉を征したことによって得られる、特産品が豪華な引き出物として用意された。
軍事動員に準じて組織された、多数の隋兵を引き連れての上洛であった。
激動期を生き抜いた王者である後白河院と対峙するためには、それだけの道具立てが必要だったのであろう。
上洛した頼朝は、権大納言および右近衛大将(ukonouenotaisixyou)に任じられたが、すぐに辞任し、朝廷の官職に依存しない姿勢を示した。右大将という武人の官職を経歴したことは最大限利用され、鎌倉に帰ると早速、前右大将家政所(sakinoudaisixyoukemanndokoro)を開設し、政権の体制を強化した。
朝廷の位階・官職を得ることは、武士にとって、社会の中での自己の格付け・席次を明らかにする意味をもった。・・主従制による武士社会での関係が、将軍と御家人、主人と従者という単線的なものだったのに対して、朝廷の官位制度はより包括的な縦横に織りあげられた体系をなしていたのだ。
ただし、幕府執行部は、御家人が勝手に朝廷の官位を得ることを嫌い、任官を望む場合は、幕府の許可や推挙の必要があった。
内乱の過程で、頼朝が関東にとどまっていられたのは、木曽義仲・源義経・範頼などの源氏一門の者たちが戦闘の最前線を担い、後白河院と直接交渉を行ってくれたからに他ならない。・・頼朝は、彼らの行動を監視し、必要に応じて助成したり、失脚させたりしていればよかったのである。
京都に進駐すれば、京都の治安維持をすることになり、配下の多くの武士を引き連れての進駐は、都の人々との間に様々な軋轢が生じるのは止むおえまい。・・・・・山門や南都の社寺等の宗教勢力とも調整をはかる必要が出てくる。その他様々な勢力との交渉や折衝が必要となってくる。
京都に入る武士には官位を与えて褒章し、落ちていく武士には追討命令を出すなど、様々な勢力に対して、いわば官軍・賊軍の認定権をもっていたのが後白河院である。・・・彼は彼らの圧倒的な武力・暴力に翻弄される波乱に満ちた生活を送っていた。
クーデターで平清盛に幽閉されたのに続き、その後都を制した、木曽義仲に再び幽閉された。(法住寺殿合戦)
京都の人々が源頼朝という人物を認知してから、実際に本人の姿を見るまでには、かなりの時間がかかっている。
頼朝が伊豆で挙兵した時点では、都人(miyakobito)にとって、彼は一介の流人、謀反人にすぎなかった。
謀反の賊義朝(yositomo)の子、年来伊豆の国の配所にあり。しかるに近日凶悪を事とし,去るころ、新司の先使を凌礫し、およそ伊豆・駿河両国を横領しおわんぬ。」以上のように、頼朝の京都政界でのパートナーとなる、摂関家の九条兼実は、初めて頼朝の消息を耳にしている。
兼実はこの段階では、頼朝という名も知らず、謀反人の子が、はるか東国でまた謀反を起こした程度の認識でしかなかった。

寿永二年(1183)頼朝から朝廷に伝えられた三ヵ条は、兼実を感心させた。
平氏の横領していり神社・仏事領を元の持ち主の寺社に返したいので、その旨を命ずる宣旨を出してほしい。
同じく平氏が横領している皇室領や貴族の所領を、元の持ち主に返したい。
敵軍から投降してくる武士に関しては、寛大に処遇したい。
その結果、東海・東山両道について、内乱の過程で横領された荘園・公領を本来の領主に返付する事を、朝廷が命ずる文書である。重要なのは、その付則として「この命令に従わないものがあれば、頼朝に追悼させよ」という条文が置かれていた点である。

あえて京都近づかなかったことが、武家政権成立の大きな要因だったことは間違いない。また早くから京都政界との情報ルートを構築し、「京下り官人」と称される史僚集団を組織して、京都のルールを踏まえて交渉する体制を実現したことが、頼朝の勝因だといえる。
頼朝自身は必ずしも朝廷と異なった事をしようとしたわけではなく、文書様式を模倣したり、娘を後鳥羽天皇のもとに入内(nixyuudai)させようとした、ふしがある。
中世最初の武家政権が、鎌倉ではなく京都に設置されていたら、幕府は誕生していただろうか?・・・・・錯綜する様々な勢力や政治的思惑に翻弄されていたかもしれない。幕府が朝廷と物理的な距離をとったからこそ、鎌倉時代を通じての公武両政権の並立が実現したと言えよう。