FC2ブログ

鎌倉幕府

新しい武家の勢力

*後醍醐天皇の親政(建武の新政)

正慶二年(1333)、鎌倉が落ち、六波羅・鎮西の両探題も壊滅したが、北条氏の残党蜂起は断続的に続き、建武二年(1335)には信濃国で挙兵した北条時行(houjixyou・tokiyuki)が東国の北条氏残党を糾合して鎌倉を攻め落としました。(中先代の乱)

*北条時行・・・・・最後の得宗・北条高時の遺児。  

北条時行は高時の嫡男で、北条氏の残党を率いて挙兵し、侮りがたい勢力を率いていました。  このころ鎌倉を守備していたのは尊氏の弟・足利直義(asikaga・tadayosi)でしたが、北条勢の攻勢の前に、もろくも鎌倉を放棄、東海方面に敗走しました。
この時、足利直義は足利義詮(asikaga・yosiakira)(尊氏・嫡男)とともに鎌倉を脱出した。同時に護良親王の殺害を命じています。

*護良親王(moriyosi・sinnou)・・・・・後醍醐天皇の皇子、天皇と共に討幕運動に参加するが、足利尊氏らと政策の違いで捕えられ鎌倉で捕縛されていました。鎌倉の地で非業の死を遂げた親王の霊を弔うため、明治天皇によって鎌倉宮が明治期に建てられています。

足利尊氏は後醍醐天皇の許可を持たずに京都を発ち、愛知県の三河で、鎌倉を敗走した弟の直義と合流、ともに鎌倉へ下向し、各地で時行軍を破り鎌倉を奪回しました。  ところが、鎌倉に入った尊氏は、朝廷(後醍醐)の指令を受け付けなくなりました。自立の意思を内外に示したのです。・・・朝廷は討伐軍として新田義貞を大将とする軍を派遣しますが、足利方の勝利に終わりました。

*新田義貞・・・・・新田氏は源氏の名門。但し鎌倉時代を通じて振るわなかった。

リポートが前後しますが、鎌倉幕府倒壊の過程を少し振り返ります。
ひとり莫大な富を蓄積してゆく北条氏への不満は、高まっていきました。当時の庄園には、御家人ではない武士たちが数多くいました。 特に生産力が高かった畿内・西国の庄園には、新しい在地領主層が育っていたのです。ですが、幕府は彼らを「御家人」とは認めませんでした。在地の領主たちは、幕府は頼れないので、自分たちの権益は実力で確保するしかなかったのです、時には治安を紊乱することもいとわず「悪党」という呼称が、彼らに付けられた。

全国的に悪党が活動する中、後醍醐天皇は討幕の旗をあげます。しかし、天皇の挙兵計画があまりにもお粗末であったため、御家人が全く呼応しなかった。・・・二度の計画は失敗に終わりました。  (正中の変・元弘の変)

幕府倒壊の過程を見ると、楠木正成(kusunoki・masasige)ら悪党・非御家人は粘り強く戦っているが、エリート武士たる御家人は、ほとんど倒幕に加担していません。 他を犠牲にしても御家人を保護する、という幕府の方針は、一定の成果を上げっていたのです。

その様な状況の中、尊氏の離反が明らかになったのです。すると、不満を抱いていた御家人たちは、尊氏の呼びかけに反応したのです。討幕の立役者は間違いなく、足利尊氏です。 持明院統の光厳(kougon)上皇を奉じて入京。また、後醍醐天皇との講和が成り「建武式目」による新しい政治方針が定まった。  (室町幕府の成立)

平成二十五年癸巳・甲子・丙申
スポンサーサイト

滅亡

15代執権は?

正中三年(1326)三月、北条高時の病は重体となっていた。北条家の首脳部は高時の嫡男・邦時(kunitoki)が継ぐか、高時の弟・泰家(yasuie)が家督を継ぐかで意見が割れていた。  泰家と邦時では得宗の後見となる外戚・乳母夫が変わるので、どちらが家督を継ぐかによって得宗家の権力構成が変わるためです。

嫡子邦時を推す一派は、邦時が成人するまでの中継ぎの執権に連署の金沢貞顕(kanazawa・sadaaki)の執権就任を求めた。この派には、長崎高綱(円喜)・長崎高光などの高時政権を支えた能吏や側近が集まっています。  北条泰家支持派は、邦時が家督を継ぐと外戚の地位を失う安達氏が中心にいました

両派の対立は、高時が出家を遂げた正中三年(1326)三月、から表面化した。 金沢貞顕は高時とともに出家を遂げる考えでしたが、長崎円喜から「若君の扶持役」を勤めるよう依頼され、執権就任を承諾したようだ。しかし、十五代執権に就任したものの、泰家支持派から貞顕暗殺の噂が流れたため、金沢北条氏が滅ぼされる前に引退し、出家してしまった。

この顛末をみて北条氏一門は次の執権を選出できない状態が一か月も続いたのです。結局、執権・連署に次ぐ引付一番頭人・赤橋守時(akahasi・moritoki)(極楽寺流)が諦めて承諾し、執権に就任した。

*14代執権・・北条高時(得宗家)・15代執権・・北条貞顕(金沢氏)・16代執権・・北条守時(赤橋・極楽寺流)と続きました。

後醍醐天皇の二度目の陰謀計画が露見した元徳三年(1331)四月、鎌倉幕府は日野俊基(hino・tosimoto)・円観(enkan)・文観(bunkan)以下の天皇側近を捕縛、鎌倉に護送し殺害しています。一応内乱は未然に防いだが、これで収まらなかった。

今度は北条高時側近の長崎高綱側と邦時の側近団になるであろう人々との間で権力闘争が起こり、長崎氏内部の軋轢が根底に有ることが露呈してしまった。  こうして鎌倉幕府がまとまりを欠いている事を対外的に示してしまいました。
幕府のゴタゴタが後醍醐天皇に立ち直るきっかけを与えることになり、後醍醐天皇の挙兵(元弘の乱)へと繋がります。

鎌倉幕府は、後醍醐天皇の挙兵を鎮圧するために、足利高氏(後に尊氏)等を大将軍とした上洛軍を派遣した。同時に後醍醐天皇譲位の手続きをとるために使節を派遣しました。  この時の上洛軍は、楠木正成(kusunoki・masasige)の赤城城をはじめとした宮方の諸勢力を鎮圧し、後醍醐天皇から光厳天皇(kougen・tennou)への譲位も行われ、治安の回復に成功しました。

しかし、楠木正成の二度目の挙兵に始まる第二次の内乱は、上洛した幕府軍の疲弊に付け込み、六波羅探題・鎮西探題・鎌倉幕府が相次いで攻め滅ぼされました。  鎌倉幕府最後の戦いは、宮方と幕府の戦いというよりも、天皇を擁する反北条氏勢力と北条氏を中心とした幕府首脳部とそれを支持する持明院統諸勢力との戦いとなり、北条氏が力尽きて滅び去ったという形になりました。

平成二十五年癸巳・甲子・甲午

霜月騒動(simotuki・soudou)

*統治派と権益派

弘安八年(1285)11月、武士の都、鎌倉で武力衝突が起きました。当時、鎌倉幕府の実権は、将軍の補佐役である執権北条氏、特に北条義時の直系の子孫である北条得宗家の掌中にありました。 その執権であり、かつ得宗家の当主だったのが、まだ14歳の北条貞時。

戦いの火ぶたは貞時の外戚(母の実兄、かつ養父)、安達泰盛(adati・yasumori)の勢力と貞時の第一の家臣(内管領と云う)、平頼綱(taira・yorituna)を支持する勢力との間で、戦闘が始まりました。先制攻撃を仕掛けた頼綱方に対して、泰盛方も直ちに応戦し、争闘は鎌倉中に及んだ。将軍御所までが炎上する六時間にも及ぶ戦いの果てに、泰盛ほか安達一族はやぶれ、滅亡したのす。

泰盛方の御家人は次々と討たれ、その数は500人に及んだと云う。争いの規模の大きさ、対立の根深さを窺い知ることができます。これが鎌倉幕府の歴史上もっとも多くの犠牲者を出した内乱、世にいう霜月騒動です。

この騒乱の一般的な解釈は、泰盛ら御家人と頼綱ら御内人(miutibito)の対立、御内人側の勝利というものでした。    御家人は将軍の直接の家臣。一方で御内人は、事実上の幕府の主たる北条氏の家臣で、将軍から見れば陪臣になります。格式は当然御家人が上位ですが、北条氏が将軍を傀儡として権勢を振るうにつれ、御内人の発言力は御家人を凌駕してゆきます。

御内人の台頭にに反発する泰盛ら御家人グループは、事ごとに頼綱らと対立し、遂に衝突するが敗北。御家人の勢力は一掃され、御内人の支持を得た北条貞時の得宗専制政治が幕を開ける。

安達氏が滅びると、平頼綱が幕府政治の先頭に立ちました。しかし、その権勢は長くは続きませんでした。強引な政治運営が、主人・北条貞時に嫌われたのです。永仁元年(1293)四月、貞時の命を受けた武士たちが鎌倉・経師ヶ谷の屋敷を包囲、頼綱は自害したという。  (平禅門の乱)

モンゴルが二度にわたって襲来(1274・1281)して社会が変動する中で「統治派」と「権益派」は政治的に激しくぶつかり合うようになります。文永年間に幕府内は深刻な対立が生じていたようです。日本全体の統治を重んじるか、幕府の利害を優先するか。守るべきは力弱き民衆か、仲間である御家人たちなのか。・・・・・

安達泰盛は、「統治派」を代表します。一方で実行力に富む平頼綱は、「権益派」の旗頭でした。

*鎌倉幕府の中で最大級の事件「霜月騒動」について改めてリポートしました。

平成二十五年癸巳・甲子・壬辰

最後の得宗

*鎌倉幕府衰退の責任

北条高時を中心とした政権の首脳部が幕府の衰退を止められなかったのは事実で、組織を維持できなかった責任はあるでしょう。

得宗・高時政権が処理できなかった問題は、第一に鎌倉や北条氏を中心とした政権中枢部への権力・富の一極集中が進む中で、時代の変化に対応できない御家人の零落を止められなかったことです。  このことは、鎌倉が空前の繁栄を謳歌している一方で、冷害の被害を受けやすくなってきた東北地方が陥った内乱状態を解消できなかったことです。

「金沢文庫古文書」の中の金沢貞顕(15代執権)の従兄弟顕瑜の陸奥国の領地の年貢滞納が問題となった時、鎌倉幕府の政所は政所賦課分を強制的に徴収しようとしています。地方は飢えても、定められた公事(年貢)は徴収しようとする幕府官僚機構の姿勢が見られます。

陸奥国の疲弊が進む中で、得宗家の有力被官安藤氏は家督の相続をめぐって、縮小・再編の問題で嫡流争いが収まらなくなり、異文化の蝦夷を巻き込んだ内乱に発展してしまいました。鎌倉幕府は治安回復の為、鎮圧軍を派遣したが、治安の回復は成りませんでした。 東北の騒乱は、鎌倉幕府の統治能力の低下を露呈してしまう結果になりました。

第二に、天皇家の皇位継承問題が泥沼の状態に陥り、持明院統と大覚寺統との権力闘争に断固とした判断を下せなかったことです。  京都の政治問題は、本質的には大覚寺統が自分で処理すべき問題であり、持明院統も自力で大覚寺統に対抗する強さを持っていれば、鎌倉幕府は無関係でいられた問題です。

北条高時政権は、鎌倉幕府の中で大きな政変を起こさずに統治を行ったので、穏やかな政権運営が行われたと考えてよいでしょう。しかし、外部の要因に大きく揺さぶられ、鎌倉幕府の衰退を止められなかったことは事実と考えて良いでしょう。  (終)

追記・・・・パソコンを交換しました。・・・・当分記事だけの更新になると思います。

平成二十五年癸巳・甲子・庚寅

最後の得宗

*北条高時・執権となる。

九代執権・北条貞時は執権の座を北条師時(morotoki)に譲り、引退後享楽的な日々を送っていたことが、側近の日記等からうかがえる。

応長元年(1311)北条貞時が死去した時、嫡子の高時はまだ九歳であった。貞時は、得宗高時の後見を、内管領・長崎円喜(nagasaki・enki)と安達時顕(adati・tokiaki)(高時・舅)に託した。

*内管領(utikanrei)・・・・・北条得宗家の執事。御内人の筆頭。

その後、執権は北条一族の大佛宗宣(osaragi・munenobu)~熙時(hirotoki)(常盤)~基時(mototoki)(極楽寺)と推移したが、これはあくまで高時の成長を待っての暫定的な措置であった。正和五年(1316)高時が十四歳となったこの年、正式に執権として就任したのであるが、政務の実権は、長崎氏らが掌握している。
鎌倉を代表するやぐら・・・足利尊氏の祖父・家時の墓を祀る。(鎌倉・報国寺)
s-2011_0509_124505-DSC01615.jpg

次席の執権に当たる連署(rensiyo)には老練な金沢貞顕(kanazawa・sadaaki)が留任し、後見には、前述した長崎高綱(円喜)(nagasaki・takatuna)と外戚安達時顕(adati・tokiaki)がつき、この四人の協調体制が高時政権の基盤となっていきます。

得宗・高時の最大の弱点は病弱だったことで、金沢貞顕の書状などを見ると、貞顕と高綱が高時の病状に一喜一憂している事が解ります。また、この政権は高時に強いリーダーシップを期待できないため、先の北条貞時政権を先例として踏襲する先例主義で運営して行くことを基本とした。

前政権が盛んに新法を発布して実力を示そうとしたのとは対照的に、表面上は現状維持を掲げながら、法令の解釈や運用の上では、施行したい政策を先例の中に探し出して適用する柔軟な手法で政権運営を行いました。社会の変動に対して、法令の改正ではなく、法令の適用で対応する手法は、無駄な労力を使わない省力的な政権運営でした。

北条高時自身は、暴君ではなく、周囲の人々から愛された虚弱な人でした。  高時を暴君としてイメージ付けしたのは、後醍醐天皇寄りの論調の「太平記」の影響かと思われます。  彼が暴君でないことは、「金沢文庫古文書」に残る金沢北条氏と称名寺(sixyoumiyouji)の僧侶達の書状から明らかです。・・・・・(続)

平成二十五年癸巳・甲子・戊子