FC2ブログ

新田義貞

新田義貞の鎌倉攻略

得宗・北条高時はじめ一族が鎌倉東勝寺で自害、鎌倉幕府は終焉を迎えたが、反幕府側勢力での新田義貞の働きは群を抜いていた。  足利尊氏とライバル関係にあって、尊氏と対立・抗争を通じて、尊氏の性格を際立て、結果的に尊氏を引き立てる役目を果たしのが義貞である。
稲村ヶ崎・新田義貞鎌倉攻め石塔  (鎌倉・稲村ヶ崎)
s-2010_1119_110627-DSC01178.jpg

足利尊氏、新田義貞は同じ源氏の一門で、前九年・後三年の役で活躍した、八幡太郎義家の子義国の子孫である。鎌倉時代根拠地・下野国足利荘及び上野国新田庄を共に領地経営していた。

義貞の父義重は太郎義家の孫、頼朝の御家人として主従関係を結んだが、将軍家や北条執権家との折り合いが悪く、優遇されなかった。足利氏と比較すれば歴然としている。 足利氏の嫡流では、義兼が上総介であるのに対して、新田の嫡流では、単に新田太郎と称され、本拠地の新田庄が属する上野国の守護が北条得宗家で在ることが新田氏の反北条意識を増幅したと考えられる。

新田義貞だが正安三年の生年とすると尊氏より四歳年長となる。・・・・・新田小太郎と称し、源氏嫡流の名家出身だが、北条氏の威の下に服し、幕府の命に従って、河内金剛山攻撃に加わっている。  義貞は当時、無位無官であり尊氏がすでに従五位上で対照的であった。  やがて楠木正成(kusunoki・masasige)の軍陣から離脱し、大塔宮護良親王から討幕の密命を受けた。・・・一度本国に引き揚げ一族をまとめ討幕へと立ち上がった。

「太平記」によれば、義貞が幕府派遣の徴税使を誅殺したため、所領の新田庄・平塚郷を没収されてしまった。これらも挙兵の一因とされ、上総国・守護代、長崎左衛門尉(得宗被官)を討ち、鎌倉に進軍し、勝戦を重ねながら、味方を増やしつつ鎌倉に迫った

鎌倉に通ずる切通しで、両軍は激しい戦闘を繰り広げ、討幕軍も苦戦を強いられた。極楽寺、巨袋坂、化粧坂の各切通しで交戦が続くが、極楽寺がまず破られ、稲村ヶ崎の伝説にもある通り、干潟を通って新田軍がなだれ込み勝敗は決した。
極楽寺坂切通と石塔  (鎌倉・極楽寺)
s-2010_1119_115605-DSC01187.jpg

新田義貞は鎌倉攻略の功労者であったが、まもなく足利氏により鎌倉を追い出され京都に移ってしまう。鎌倉攻撃は足利氏が主力と云うこともあろうが、鎌倉に対する足利勢力の執着の強さが覗われる。

建武新政下の政権は新田義貞一族にも厚い恩賞を与えた。「太平記」によれば義貞に上野・播磨の二国、子息義顕に越後国、弟義助に、駿河国と論功行賞された。

また新政下で従四位下・上野介、播磨守に加え越後の守護職を兼ねた。 義貞の官位は、治部大輔>右衛門督>佐中将と昇進したと記録に残る。因みに尊氏は参議にまで昇った。

新田氏が果たした役割で注目すべきは、武者所など重要な軍事機構の中核を一門で占めたことである。武者所は朝廷の警備隊、要するに後醍醐の親衛隊と考えられるからだ。義貞と後醍醐との緊密な関係はこの事から理解が出来る。

「梅松論」の記事に建武元年「兵部卿・親王護良、新田佐金吾義貞、正成(楠木)長年(名和)」が密かに後醍醐の命を受けて、足利尊氏討伐を決行したが、失敗に終わった事が記されている。
護良親王・墓所石塔(鎌倉・妙法寺)父・護良親王の菩提を弔う、日叡が再興
s-2011_0311_093114-DSC01511.jpg

競争意識の強かった二人が武門同士の争いを続ける中、尊氏は「中先代の乱」鎮圧のため鎌倉に下ったが、鎮圧後も鎌倉に留まり鎌倉に本拠地を置くような様子だ。  (この時点で尊氏は幕府の本拠地を鎌倉に置くか、京都にするか迷っていたのは確かなようだ)

後醍醐の近くに仕える義貞と鎌倉に留まる尊氏は本格的な争いを始める。  後醍醐は結局、義貞に付き、足利尊氏は朝敵になってしまうが・・・。  後醍醐の判断は正しかったのか?、もしこの時尊氏に付いていたならばその後の歴史は随分違った方向に展開したに違いない。

建武四年 新田義貞は越前・藤島の戦いで、幕府軍に敗れ敗死する。 (37歳)

平成二十四年壬辰・乙巳・甲午
スポンサーサイト