FC2ブログ

鎌倉武士の心性

中世都市・鎌倉

*畠山重忠と三浦一族・・・続き

畠山重忠は長寛二年(1164)、畠山重能と三浦義明の娘との間に生まれている。大蔵合戦の経緯を見ても、畠山氏と三浦氏の協力関係は平治の乱以前にさかのぼる事は確実で、・・あるいは源氏を媒介する形で両者は族縁関係を結んだのかもしれません。  いずれにしても、重忠は三浦義明の外孫であり、姻族と軍事行動を共にすることの多かった当時の坂東武士社会のモラルに照らして、頼朝挙兵直後に於ける彼らの行動は三浦氏の一族にとって深い憤りと恨みを残すものとなったことは間違いないでしょう。
畠山重保(重忠・嫡男)を祀る宝篋印塔(由比ヶ浜・一の鳥居付近)
s-2010_1124_114034-DSC01218.jpg

*畠山重保・・・・・武蔵国有力御家人・畠山重忠嫡男。  北条時政の命を受けた三浦義村に討たれた。ついで重忠も二俣川の戦いで幕府軍に敗れ敗死する。   詳しくは後述します。

一方、三浦氏よりも血縁的に遠い関係にあったにもかかわらず、常に重忠を支持したのは伯母の婚家である下総の千葉氏であった。  重忠は彼の所領である伊勢国沼田御厨における地頭代の押妨を伊勢神宮の神官らに訴えられ、その罪によって所領四個所を没収されて、さらに、囚人として千葉胤正に預けられた。  この時胤正は心を尽くして重忠をいたわっています。  (吾妻鑑)

*千葉胤正・・・千葉常胤の子、・・頼朝に重忠の赦免を働きかけています。

元久二年(1205)、の畠山重忠追討戦(二俣川の戦い)に千葉一族が先鋒を命じられたにもかかわらず、重忠追討の参陣を拒否した可能性が指摘されています。

この、二俣川の戦いの背景に、北条時政の先妻の子のグループと後妻・牧の方のグループの対立や北条氏の武蔵国掌握の意図が見えてきます。  しかし、この事件の背景にはまだ他に原因があるようです、それは長く蓄積されてきた三浦一族の怨念の存在。 秩父家における一族間抗争の再燃が見えてきます。

北条時政は娘を畠山重忠に嫁がせたにもかかわらず、畠山一族に対し陰謀を巡らせ始めた。  まずは嫡男・重保は「謀反が起きた」との偽情報を流し、時政の指示で動いた三浦氏によって謀殺された。  重保を討った北条氏は、武蔵の領地に居た重保の父重忠を「鎌倉に異変あり」とまたもや偽情報を流し呼び出し、途中、横浜市旭区二俣川あたりで待ち受ける北条義時と交戦し、北条氏の謀略に敗れてしまった。

三浦氏は義明の存在によって一族をあげて頼朝に参向し、その結果、鎌倉政権に於いて高い地位を占め、諸国に多くの所領・所職を得て大勢力となっています。  しかし、衣笠城で討死を遂げた義明の後を受けて三浦氏の家督を継いだのは義澄であるが、一族が独立した御家人として活躍を始めると、その統率力は弱まり始めた。この状況は、三浦氏嫡宗家のみならず、幕府にとっても看過しがたい事であり、頼朝は三浦介の一族に対して、特に嫡宗家・義澄の支配に従うようにと命じています。   (吾妻鑑)

三浦氏が、一族の武門としてのアイデンティティーを支えたのは、彼らの共通の祖で頼朝挙兵に身を捧げた義明の存在であった。したがって、幕府の確立期、義明は三浦一族にとって氏神に擬せられるような存在として三浦一族の中で神格化されたようだ。  この時期の三浦氏には、その義明を討ったものに対する、頼朝の命で封じ込められていた怨念をそのままにできないような空気が醸成されつつあったのでしょう。

*三浦義明を死に追い込んだのは秩父平氏の軍勢であって、直接重忠が手を下した訳ではない。  しかし、義明が神格化されつつある時代に、重忠は武蔵国留守所惣検校職と云う重要な地位にあり秩父家家督としての存在感も保持していた。  かくして重忠は三浦一族にとって、外孫の立場にありながら英雄的な先祖義明を討った仇、怨恨のターゲットとされたのである。

この様な重忠への復讐を果たすことは、侍所別当の住職にある和田義盛に三浦一族の族長権を脅かされていた。本来の嫡宗たる三浦義村にとって緊急な課題となっていた。

畠山氏討伐の一連の動きの中で、三浦義村が登場する背景は、このような状況からであったと考えます。   (終)

平成二十六年甲午・己巳・癸亥
スポンサーサイト

中世都市・鎌倉

*畠山重忠と三浦一族・・続き

頼朝が房総半島を制圧した後、畠山重忠・江戸重長・河越重頼ら武網流の秩父平氏は、頼朝側の妥協のもとに参向。・・・頼朝は、彼らに族長・義明を討たれた三浦一族に対して大義の為の説得を行ったと考えています。 (吾妻鑑・治承四年十月条)

鎌倉幕府・大倉御所・西御門跡・・畠山重忠邸付近
s-2010_1029_145623-DSC01122.jpg

頼朝挙兵の直後、秩父平氏のうちで畠山氏ら武網流がこぞって平家方に立ったのに対して、武常流の豊島・葛西氏は頼朝側に積極的に加担した。  房総で兵力を整えた頼朝は武蔵国に入り、河越重頼の権限を剥奪し、代わって江戸重長に在庁官人並びに諸郡司等を武蔵国諸雑事の沙汰を実行する権限を与え、畠山重忠を軍の先陣に起用した。

しかし、一旦は制圧した河越重頼の妻が頼朝の乳母比企尼の娘であること事から、重頼は留守所惣検校職の地位を回復し、その娘は頼朝の周旋で義経の正室に迎えられる。 ところが、平家滅亡後、頼朝と義経が対立するに及んで、河越重頼とその子の重房は粛清・殺害されてしまった。  その結果、武蔵国留守所惣検校職には畠山重忠が任命された。

さて、これまでに重忠が武蔵国留守所惣検校職を手中にするまでをの周囲の状況をリポートしてきたが、ここから、秩父一族には大きく武網流と武常流に去就に相違がみられ、武網流には家督権=留守所惣検校職を巡って常に同族抗争が起き、これに敗れた一族は、家督に対する主体性を確保するために中央の有力者との結合をはかったと考えられる。

剛勇の関東武士・畠山重忠を味方につけた源頼朝の調停者としての面目躍如たるものが覗えるが、彼の在世中は履行されても、東国武士の心性に照らして、重忠等に対する遺恨の清算は不可能であり、封印された三浦一族の怨念は、三浦義明の神格化に伴って、再び燃え上がる結果になる。  (続)

平成二十六年甲午・己巳・庚申

中世都市・鎌倉

*畠山重忠と三浦一族

「秩父家」としての同族意識を持つ秩父平氏は、武蔵国一帯のみならず、下総・相模にまで一族を進出させていた。畠山・河越・豊島・葛西・渋谷など本領名を名字に名乗った彼らは、個々に自立した武士団を構成していたが、観念的には秩父家の「家督」に従うべきものとされ、秩父家家督は実態的な権力として武蔵国留守所惣検校職を帯して、国内の党的武士団を動員しうる立場にあった。

*武蔵国留守所惣検校職・・・国司の留守を預かる留守所の長官。  (秩父氏)

十二世紀半ばごろ、この留守所惣検校職の地位をめぐり秩父重隆と甥の重能が争い、重隆が上野国多胡郡にいた源義賢を養子に迎えたのに対し、重能は鎌倉を拠点にしていた源義朝(頼朝・父)・義平父子と結んだ。 その源義平は源義賢の住む大蔵館(埼玉・嵐山町)を襲撃、義賢を討ち取り、重能の秩父家・家督としての地位が確立した。

*畠山重能は義平の外祖父である三浦義明の婿となり、そこに生まれたのが畠山重忠です。

畠山重忠邸・旧跡石塔(鎌倉・雪ノ下)・・鶴岡八幡宮東側入口付近
s-2010_1020_104614-DSC01073.jpg
平治の乱で源義朝(頼朝・父)が滅亡すると、留守所惣検校職は秩父重隆の孫にあたる河越重頼の掌握するところとなり、これに対抗するために畠山重能・小山田有重は平家に接近し、内裏大番役の番頭を勤めるなど、武蔵国の「棟梁」との地位を得ていました。

治承四年(1180)八月の頼朝挙兵時、畠山重能・小山田有重は大番役のために在京しており、その後も平家に従って北陸道を転戦し、東国に帰還したのは、寿永二年の平家都落ち後と云われる。

一方、畠山重忠は頼朝挙兵時在国しており、大庭景親の催促に応じて頼朝追討にあたり、三浦氏の軍と相模国・小坪で合戦しています。  その後、秩父家の家督である河越重頼の加勢を求めた。重頼は畠山重忠・江戸重長・中山重実らの秩父一族と共に衣笠城に籠る三浦一族を攻撃した。  この合戦で重忠の外祖父・三浦義明は討死する。  (続)

平成二十六年甲午・己巳・丁巳