FC2ブログ

源実朝

幕府内で起きた騒乱事件

*源実朝殺害の陰謀

実朝は政子の果敢な措置によって、危機一髪の急場を脱することができたが、この事件はもうひとつの争乱畠山重忠・重保父子殺害事件にも関係する事が解ってきた。
吾妻鑑・読み下し教本 巻の十五
s-2012_0906_091152-DSC02220.jpg

事の成り行きは、まず平賀朝雅(牧の方・娘婿)が自ら将軍になろうとして、実朝の殺害を計画した。その間の事情を畠山重忠・重保父子が実際にどの程度知っていたかは疑問が残るが、時政に讒訴したと云うのである。  実朝の殺害計画が公になると平賀朝雅は窮地に追い込まれ、牧の方にすがったと考えられる。

*牧の方の緊急提案

平賀朝雅の陰謀は牧の方の謀略であった可能性もあります、いずれにしても義理の息子と謀り将軍の地位を狙ったことはまちがいないようです。その計画が公になってしまい、時政に讒訴した畠山・父子の誅殺を夫の時政に提案したのです。

時政は牧の方の提案を聞いて、そのままを義時や時房に告げた。しかし、畠山父子は忠節を尽くす人物で、軽はずみに誅殺を加えるわけにはゆかないと反対した。・・・義時も時房も政子同様先妻の子でだから、後妻牧の方に対して批判的であったと思われる。

畠山重忠・重保父子にかかわる経緯については、この事件のほかにも色々な問題がありますが、今回は実朝の暗殺未遂事件に焦点を合わせます。


阿波の局の進言により、実朝を時政邸から政子の許に迎えたとき、一時は牧の方に不審な動静が見られるという程度であったが、今度は明確に殺害を企て、それを実行に移すため、武士を動員させたのである。政子も義時も先妻の子であり、共に力を合わせて、牧の方の奸謀に対し激しい措置を取った。  時政及び牧の方は実朝の殺害に多数の兵士を動員し、まさに一触即発の危機をはらんでいた。ところが時政邸に招集された兵士たちは意外にも義時邸に集まりだし、事前に勝敗は決定してしまった。

この事件により、時政と牧の方は完全に失脚し、幕府(鎌倉)から姿を消すことになる。  北条時政は伊豆北条郡に隠遁。相州(北条義時)が執権職を引き継いだ。  大江広元・三善善信・安達景盛等、相州の屋敷に参集し、騒動の結末を処理した。   (終)

平成二十六年甲午・庚午・丁亥
スポンサーサイト



幕府内で起きた騒乱事件

*実朝に迫る危機

正治元年(1199)、頼朝が世を去って、幕府の大黒柱が失われると、幕政の中核を窺うものが次々と出現した。 頼朝の嫡男・頼家を擁する比企氏、次男・実朝を擁する北条氏・伊賀氏等である。これらが幕府内で暗躍し始めた。
鎌倉幕府の記録・「吾妻鑑」読み下し教材
2012_0904_090601-DSC02219.jpg

源頼家が父頼朝の弟阿野全成を、謀反の疑いにより捕えるという事件が起きた。 結局、常陸国に流され、後に下野国にて殺害されています。全成の妻阿波の局は頼家の弟千幡(実朝)の乳母で、北条時政の娘(政子の妹)という立場。 時政が千幡(実朝)を擁立して頼家と対立していたためと思われる。

*阿野全成・・・・・源義朝の子。母は常盤御前で義経の同母兄。異母兄、頼朝の挙兵に参戦、駿河国阿野荘を領した。

源頼家が日本国総守護職と関東二十八か国の地頭職を長子・一幡(itiman)(六歳)に、西国三十八か国の地頭職を頼家の弟・千幡(十二歳・実朝)に譲るという決定をした。すでに、病床にあった頼家の容態が悪化する中で取られた措置である。一方で頼家の意向は一幡にすべてを相続させるというものであったが、それによる一幡の外祖父で有力御家人の比企能員の勢力増大を恐れた北条時政らが、この措置を進めたといわれます。

頼朝の嫡子・頼家が病弱で政界から自然に脱落しかかると、実朝がその様な不穏な空気に正面からさらされるようになり、若輩ながら多くの長老たちの策謀に翻弄されて、音曲・歌道に逃げ込むのが精いっぱいになっていたようだ。また要人たちの背後には右往左往する女性たちの姿も見え隠れし、次第に危機をはらむ状況に変わってきた。

ここに云う騒乱事件とは源実朝暗殺未遂事件をさす。  北条時政邸をめぐって、その様な恐るべき動きがあった。  一時は時政邸の周辺に多くの武士が招集されて、まさに開戦前夜の様相であった。 時政本邸の所在地は現在確認されていないが、幕府周辺の重要な地区にあったと考えられる。

結局、頼家は病気の為出家を余儀なくされて、実朝を将軍に推挙する事に定まったので、実朝は実家の政子邸から執権職の時政邸に移したのであるが、その時阿波の局(乳母)が付き添った。争乱はそのころから動き出したようだ。

*阿波局(awano・tubone)・・・・・北条時政の娘、阿野全成の妻であるが、実朝の乳母となり、その側にいて親しく成長を見守っていた。

将軍実朝をめぐる女性の中で、阿波局の立場が非常に強かったことが解ります。(時政邸への付き添い)  その阿波局は政子邸に赴き誠に恐ろしいことを告げた。 時政邸にいる牧の方の様子を見ていると、実朝に危害を加える恐れがあるという、不吉な事件を予感しています。 それに対し、政子は以前から承知している様なことを返答しています。

この進言に対して、このことは前々から考えていたことで、近々若君をお迎えするする旨、政子から返答があった。同時に北条義時(弟)・三浦義村・結城朝光等を執権邸に遣わして実朝を政子邸に連れ戻しています。 牧の方は時政の後妻であり、政子は先妻の娘である。その間がうまくゆかないのは、世間ではありふれたケースであるようです。

政子と安房局とは同母姉妹であり、互いに気脈は通じていたはずである。  牧の方に関する緊急情報を姉妹はともに分かち合う間柄だった。 その前に安房局の夫阿野全成は謀反の嫌疑をかけられ逮捕されたが、政子はその時阿波局を守り、幕府の要請にもかかわらず、身柄を引き渡さなかったという。

実朝の件、結果は、実朝が成人するまで、政子邸で預かるということで決着した。この一件で北条時政に大きな黒星がついたことになる。
  (続)

平成二十六年甲午・庚午・甲申