FC2ブログ

行事

景時の没落(梶原施餓鬼会)

景時は次期将軍・頼家の後見となるべく必死に工作した。一方北条政子を中心に、頼家を廃止、弟の実朝を次期将軍にする勢力が伸長し、頼家の立場は弱まりつつあった。
梶原氏を祀る・御霊神社(鎌倉・梶原)
s-2011_0421_094348-DSC01574.jpg

景時失脚の原因は、頼家に彼を使いこなす才覚が無く、擁護する力も無かった事です。景時が侍所次官在職中に彼の讒言(評価は様々)による被害者達が連名で景時弾訴状を頼家に提出した。頼家は景時に弁明を求めたが、景時は一族を引き連れ、相模一の宮の所領にたて籠り、防御を固めてしまった。

こうした状況を景時も承知しており、もはや幕府に留まる事は出来ないと判断したが、しかし、これで観念したわけでは無く、一説によれば、知人の多い京都に上り、後鳥羽院に宣旨をもらい、源氏の庶流を将軍に迎え、九州に新政権を樹立するつもりだったと言われる。

景時一族が一の宮から京に向かう途中、駿府の牛ヶ谷山の山麓で地侍の一団に出会い、道を譲った地侍に対し、景時は何の挨拶もせず通過してしまった。地侍たちは景時の無礼な態度に激怒し、襲いかかったと言う。

これが景時一族の最後の場所となったわけですが、この牛ヶ谷山は北条時政の所領地である事から謀殺されたとの伝説が残る。
鎌倉・建長寺の「施餓鬼会」に参加、景時公の供養をされる梶原会の皆さん
s-2013_0715_085036-DSCN0407.jpg

正治元年(1199)源頼朝の死後、千葉常胤・三浦義澄ら幕府の有力御家人66名が鶴岡八幡宮の廻廊に集結し、梶原景時糾弾の訴状を提出する。・・・景時が頼家に対し、御家人達の間で弟千幡(実朝)を将軍に擁立しようとする陰謀が進められていると報告した為と言われる。

この様な陰謀の裏に北条時政(一族)暗躍があったとすれば、これは正に北条氏による有力御家人排除の先鞭を切ったことになる。・・・・・比企氏、畠山氏、和田氏、三浦氏までに及び幕府草創期を代表する御家人達が次々に北条氏一族の策謀に倒されたと考えられ、さらに推測すれば源家将軍も三代で消滅してしまったのであるから北条氏の政治力は相当のレベルにあったと考えられる。

頼朝旗上げ以前からの北条氏と、途中から傘下に加わった梶原景時との差は歴然としていたが、北条時政(頼朝・舅)から見れば頼朝に重用される景時は目障りだったに違いない、頼家を頼る景時に、有力御家人から出された糾弾状を見事に利用し、時政の領地を逃走する景時を討った事は充分に考えられます。

平成二十五年癸巳・庚申・戊子
スポンサーサイト



忠臣・梶原景時(施餓鬼会)

頼朝の信任を得た梶原景時は播磨(harima)、美作(mimasaka)の守護に任じられ、さらに畿内にも領地を得て、足場を確実に築いていった。同時に京都でも官僚的な才能を発揮し、遂に鎌倉殿の代官にまで昇進している。
鎌倉・建長寺の行事(年間)「梶原施餓鬼会」
s-2013_0715_073728-DSCN0392.jpg
s-2013_0715_081947-DSCN0399.jpg
*毎年七月十五日午前八時~・本来の「施餓鬼」に加え梶原景時の慰霊のため再度「施餓鬼会」を行う

朝廷や源氏に反感を持つ公家たちを相手に交渉できるのは、この時点では景時が適任だったと思われる。武芸だけの東国武士にはとうてい出来ない事であり、景時の功績は大きかったと考えられる。

その様な時期に義経は後白河院の策略にかかり検非違使(kebiisi)に任官してしまった、ところがこの任官に頼朝は激怒した、御家人に対する人事権の侵害に反発したのです。  これは鎌倉を牽制する後白河院の明かな挑発と思われるが義経は迂闊にも任官してしまったようだ。

景時は言語の達者な口先だけの官僚的な人間のような評価だが、武勇にも優れていたようで、先陣に立って戦ったさまは、「平家物語」にも描かれている。また、強力な戦闘力を持ち、頼朝を援けてきた挙兵以来の御家人、上総介広常(kazusanosuke・hiritune)が、朝廷との対応に不満を示した為に、頼朝に粛清された。頼朝は景時に暗殺を命じたのである。

讒言の景時と言うイメージは強いが、全てが讒言だとは思わない。むしろ、情報収集能力にたけた人物ではないか、景時は修験者ををはじめとする特別の才能を持った鎌倉の隠れ里の人達を配下にしていたような形跡もあり、彼らを忍者のように使い、情報を得ていたのではなかろうか。将軍頼朝が重用したのも、官僚的な側近としての才能ばかりでなく、情報収集能力の高さを評価しての重用だと考えています。・・続

*結局、景時は御家人を取り締まる侍所次官にまで昇りつめるが、頼朝の死後、あっけなく没落する。

平成二十五年癸巳・庚申・丙戌

鎌倉・建長寺「梶原施餓鬼会」を見学

久しぶりに「施餓鬼会」を見学する機会を得て参加しました。

「梶原施餓鬼会」については以前にもリポートしたことがあり、重複するかもしれませんが新たに撮影したものをupして再度リポートします。

先ずは、地元の豪族・梶原氏についてリポートしておきます。
平成二十五年度・「梶原施餓鬼会」7月15日午前八時~九時
s-2013_0715_073833-DSCN0394.jpg
s-2013_0715_081018-DSCN0397.jpg
s-2013_0715_082540-DSCN0400.jpg

性格は悪かったが?文武に優れた忠臣と言うイメージが梶原景時の一般的な評価だ。

梶原氏は、もともと地元の梶原氏族で源氏との関係も古い。源義家(八幡太郎)の郎党として後三年の役に参戦した権五郎景正は、先祖と思われる。本拠地は、苗字が示すように、鎌倉の西部梶原付近。

頼朝との出会いは、箱根山中、石橋山で敗れ、山中に潜んでいるところを景時に遭遇、見て見ぬふりをしたと云う伝説が残ります。

鎌倉入りした頼朝が、景時を呼び出したのは、山中で出逢った翌年の養和元年(1181)の正月。 無骨な東国武士の中で、言葉巧みな景時の才能に注目し仕えさせた。(吾妻鑑)
*危機を救った為の恩返しの為に遇したのではなかった。

景時は次第に才能を発揮しはじめる。合戦などの戦果の報告で、他の武将が結果だけを報告するのに対し、御家人の手柄、失敗等を詳細な報告書にして頼朝に届けたと言う。
*この辺りが御家人達との軋轢となったのであろう。

平家討伐に当たっていた義経との対立は有名で、一の谷合戦でも義経は鵯越えの奇襲で大勝したし、屋島の戦でも景時が戦場に到着した時には戦いは終わっていた。僅か五騎で先行した義経主従が平家を攻略した後だったと云う。「大将軍が自ら先陣するのは如何か}という問いに、「大将軍は鎌倉殿よ」と反論したそうだ。(吾妻鑑)

溝が深まる中、景時の戦況報告はやはり義経には厳しかったようだ。「義経殿の言動は主君の意に背くものであり、注意したが逆に恨みをかい、身の危険を感じる、早く鎌倉に帰らせてほしい」といったような書状を頼朝に送っている。(吾妻鑑)

しかし、頼朝はその様な状況を承知しており、戦上手だけの義経と事務能力のある忠実な景時の才能を上手に利用しながら、幕府の地固めを進めていたようだ。

当時まだ頼朝に服属していない九州、四国、山陽の各国を平定する為の戦備を整える必要があった。  畿内の武士達の領土を安堵し、治安の維持、朝廷との折衝など、仕事は多岐にわたり山積していた。頼朝はこうした任務を義経と景時のコンビに担当させた。・・・・・続

平成二十五年癸巳・庚申・甲申

初詣(鎌倉・鶴岡八幡宮)

昨日10年振り位に、日中に初詣に行きました。

例年は日中交通規制の為に市内に入れなので、規制が解除される夜間に参拝してきました。  久しぶりに元旦から夫婦二人の正月になり、初詣に出かけました。鎌倉街道を大船方面から北鎌倉・円覚寺、建長寺前を通り鶴岡八幡宮まで片道約一時間のウオーキングで、参拝してきました。途中の人出は思ったよりも少なく、道路は規制の為バス・タクシーは通行しているが、一般車の通行がないので快適な歩きが出来ました。古い御札・お守り・破魔矢などを納め、ロープ規制30~40分待ちで拝殿前に到着・参拝、新しい御札などを授かり帰途に、帰路、途中にけんちん汁を出す店があり、そこで建長汁を食べる。鎌倉五山・第四位浄智寺前踏切、手前「鎌倉五山」650円

例年の参拝入り口(夜間は規制なし)s-2012_0101_121709-DSC01877.jpg

拝殿下のロープ規制s-2012_0101_125834-DSC01880.jpg

拝殿前から階段下の参拝者s-2012_0101_130407-DSC01881.jpg

                             平成二十四年壬辰・壬寅・壬戌