FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

中世都市・鎌倉

*都市鎌倉の形成と御家人たち

中世の鎌倉については、案外良くわかっていない、例えばば御家人たちはどこに屋敷を構えていたのか、どのような住居に住んだのか具体的には解っていません。

そこで比較的史料が多く残されている、将軍の邸宅である御所と鎌倉・北条氏の邸宅を中心に、それぞれの位置の特定や位置関係を検討し政治との関係を考えながら北条氏が鎌倉の郊外へと展開してゆく様子をリポートする予定です。    さらに、鎌倉の御家人たちがどの様な形態で居住していたのかをも探りたいと考えています。

*将軍御所と北条氏の邸宅

将軍の住んだ御所についてはこれまでの研究で具体的に特定出来ている、源頼朝が鎌倉に入って最初に御所を構えたのは、大倉と呼ばれる地域です。  大倉御所と呼ぶ。
大蔵幕府跡・石塔(現・清泉小学校敷地内)
s-2010_1011_102653-DSC01038.jpg

その後、源氏将軍が途絶え、京都から新たに将軍を迎えると、北条泰時の時期の嘉禄元年(1225)には宇津宮辻子へと移転します。   宇津宮辻子御所と呼ぶ。・・・この御所は、若宮大路の東側で、若宮大路には面していない地域、現在の若宮大路東側にある宇都宮稲荷の周辺と推定されている。

さらに泰時は、嘉禎二年(1236)になると、若宮大路の東側の別区画へと御所を移転させます。  若宮大路御所と呼ぶ。・・・この御所は若宮大路に面しており、鎌倉幕府滅亡までこの位置にあったと考えられています。     (続)

平成二十六年甲午・己巳・乙巳
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。