FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

中世都市・鎌倉

*執権北条家の周辺の邸宅

執権・泰時の孫にあたる経時は、泰時の邸宅を継承していたようだ。(吾妻鑑)

北条時氏(泰時・嫡男)同様に若くして病死してしまった経時の死後、その邸宅には、六波羅から鎌倉に戻った北条重時(極楽寺)(泰時・弟)が入っている。  その重時亭は将軍御所(若宮御所)に隣接しており、幕政の中心機関である評定所や小侍所も置かれていたようだ。
若宮大路幕府跡・石塔
s-2010_1011_100427-DSC01030.jpg
従って、泰時・経時の実質的な後継者は重時であったと考えられます。その重時が連署を勤めていた時の執権である北条時頼は、小町に邸宅(宝戒寺・小町亭付近)を持っていた、そこは重時亭の東側にあり、時房の住んでいた邸宅の後に住んだのであろう。 執権の時頼が、以前の連署である時房の邸宅跡に住んだのに対して、連署となる重時の邸宅は、以前の執権である泰時から経時へと継承されたものであり、幕府の重要な機関である評定所と小侍所も重時亭に置かれた。

*連署・・・鎌倉幕府の職名。執権の補佐役。北条氏一門が就任し、幕府の発給する文書に執権と共に署判する。

*小侍所・・・鎌倉幕府の機関。御家人が将軍に近侍する宿直や供奉などを管轄した。

この様に、時頼の頃の政権は、泰時・経時の実質的な後継者である重時(極楽寺)が、幕府の主要機関を確保していたことによって成り立っていたと評価されています。

北条時頼の邸宅は執権職とともに北条長時に譲られている。     (吾妻鑑)

その後この邸宅は、執権の住む邸宅として意識されるようになったと思われる。 時頼後の北条氏嫡流である時宗・貞時の邸宅の具体的な位置は特定できないが、現在の宝戒寺は後醍醐天皇が北条高時の邸宅跡に建てた寺院なので、高時は「宝戒寺・小町亭」に住んでいたことは明らかである。  したがって時宗・貞時もここに邸宅を構えていたと考えてよいでしょう。  (続)

平成二十六年甲午・己巳・辛亥
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。