FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

中世都市・鎌倉

*将軍御所と執権北条氏の邸宅・・・まとめ。

御所が大倉にあった親裁期に、北条時政は御所とは離れた名越に住んでいたが、その子の義時は御所に近接する大倉と小町に邸宅を持っていた。

時政期には将軍権力とは一定の距離を保っており、義時期には、そこに近接する必要があったのであろう。  その後泰時の時代になると、自分の邸宅がある小町に将軍の御所を移転しています。
若宮大路・段葛石塔
s-2010_1011_095331-DSC01025.jpg

これは、将軍権力を北条氏が取り込もうとした結果であり、将軍のもとで執権として政治力を発揮する泰時政権の本質を示すものでしょう。

一方で、北条時房(泰時・叔父)は元服以前の次期将軍・頼経を抱えて大倉から小町に移住しており、重時は御所に隣接して邸宅を構え、その中に幕政の中心である評定所などを持っていた。  彼らが将軍権力を抱えていなければ、泰時政権も時頼政権も成り立たなかったのではなかろうか。

時宗以降になると、小町大路をはさんで御所と得宗の邸宅とが離れることになる。 この時期にはもはや、将軍が北条氏権力にとってそれほど大きな影響力を持たないようになり、将軍とは無関係に得宗が政治を行うという、鎌倉幕府後期の政権の在り方を反映していると云えよう。

*得宗(徳崇)・・・・鎌倉北条氏嫡流の当主

以上のように、将軍御所と北条氏邸宅との関係は、幕府政治史を顕著に表していたのです。 (終)

平成二十六年甲午・己巳・甲寅
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。