FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

源義経・腰越状の真実

*「吾妻鑑」から見た腰越状・・・続き

腰越状は吾妻鑑・平家物語・義経記等に収録され、腰越の満福寺にも保存されています。 腰越状の実在したことは確かだと思われますが、現存する文章は何れも真偽のほどは不明です。その中で比較的分量が多く、内容がしっかりしているような印象を受ける「吾妻鑑」の元暦二年(1185)5/24条に残る腰越状をみると、義経の熱い思いがこめられていれ、胸を打たれるでしょう。かなりの長文なので要点を記してみます。
義経・滞在の満福寺(鎌倉・腰越)山門・・・・・踏切は江ノ電
s-2011_0401_111451-DSC01532.jpg

左衛門尉源義経、恐れながら申し上げ候。・・・とはじまり、当然恩賞に預かるべきところ、心外にも悪逆な讒言によって、自分に対する莫大な勲功を停止なさいました。罪を犯すことなしにお咎めをこうむりました。功績あること、疑う余地はないのですが、御勘気に触れましたので、慙愧の涙を禁じ得ません。

「悪逆な讒言」とありますが、そのような事実を意識はしていたのだろうが、恨み言はなく、兄の仕打ちに抗議もしていません、自分のしたことは決して身の栄達を目的としたことではなく、源家の名誉回復の為であることを強調し、讒言を乗り越えて、兄の共感を得ようとしています。

義経としては当然のことを述べているのだと思われますが、・・・代官に選ばれ「勅宣の御使」として朝敵を傾け云々・・・、が良くなかったようだ。そのことは頼朝だけが特に口にすべき言葉であったのでしょう。義経にとってはタブーのはずだったからです。

頼朝が奥州遠征に進発するときには、勅許が得られなかったことを大変に気に病んでいたようです。頼朝は征夷大将軍として東国を統括し、朝廷に直結していると考えていたのです。義経などが間に介入することを嫌ったものと思われます。頼朝が承知しない状況で「勅宣の御使」などというものは存在しないのである。

義経としては、そのような兄の心底を十分に理解する必要があったのではなかろうか。

本来は武家の家に生まれながら、父母の愛に恵まれることが薄く、諸国の流浪に明け暮れた不幸なわが身の上を回想し、兄と同じ運命をたどったことを力説する。 先々で頭を下げての日々を過ごした悔しさは、兄だからこそ理解してくれると信じたに違いない。

長文のかなりの部分を省略しましたが、最後に重ねて源家の繁栄に言及している点を重要視する。公文所別当を仲介とする表沙汰の文章の中で、讒者とのせりあいに勝ち目は無いと判断したであろうし、あくまでも源家の繁栄を願ったのです、その点は立派だと思います。

頼朝は肉親として一応耳を傾けるべきだったと思う、あまりにも冷たすぎる感がする、もう少し真剣になって事実の究明に乗り出すべきだった。先入観にとらわれすぎたようだ。  事態の本筋に迫る方法がないまま、趣旨を空回りさせている、そこに「腰越状」の真の悲劇性があるのではないだろうか。  自己主張のチャンスを完全に剥奪され、やがてそのまま死地に追いやられた痛恨だけが永遠に残されたようです。
   (終)

平成二十六年甲午・庚午・辛巳
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。