FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

幕府の裏方・二十五坊

*二十五坊旧蹟

鶴岡八幡宮裏、いまは「二十五坊旧蹟」の石塔が建つだけであるが、往時はここが重要な場所であった。  神仏混交思想により鶴岡八幡宮に神宮寺が直属していた時代に、その僧坊が多く並んで繁栄を極めていた地域であり、一般は無論立ち入り禁止。
二十五坊跡・石塔(鎌倉・雪ノ下)
s-2010_1020_102631-DSC01066.jpg
八幡宮から独立していた傾向も顕著であり、真言密教の道場として、関東に広く名を成した。 盛時には勅願寺の格式を備えていたとさえ言われています。 小袋坂(巨福呂坂)の曲がり角で、街道の要所に位置しながら、西谷・南谷・北谷と呼ばれる広範な領域を占めていた。

「二十五坊」は特に黒門を設け、門番を置いて、俗界と区別した。  背後には険しい深山が建長寺まで続き、厳粛な雰囲気を漂わせた。 付近からは僧坊生活にゆかりの深い瀬戸香炉・青磁の鉢・素焼きの手あぶりなど、貴重な遺宝が多く出土したという記録が残る。

「吾妻鑑」治承四年(1180)12/04条に、源頼朝が千葉広常に命じ、仏法に明るい高徳の僧を故郷の上総国から招聘して、鶴岡八幡宮の供僧に補したとあることから、二十五坊の始まりとされる。

建保七年(1219)正月/27日、八幡宮で起きた源実朝暗殺の直後、公暁が身を隠したのは、後見人備中阿闍梨の屋敷である。 その屋敷は雪ノ下の北谷に在ったと記録されている、八幡宮二十五坊の僧坊の事である。

*「当宮別当阿闍梨公暁」と呼ばれる。・・・公暁は二十五坊を統括する別当。

公暁は建暦元年(1211)、近江国の園城寺での登壇受戒のために上洛し、建保五年(1217)には昇格し阿闍梨となって鎌倉に帰着すると、直ちに北条政子の指令により鶴岡神宮寺(二十五坊)の別当に補任し、数か月の祈請に入ったが、未だに除髪していない。  二十五坊に参籠していながら剃髪しなければ、坊内に奇異の感を抱かせるのは当然である。  この時の公暁の態度には、誰の目にも不自然な点が顕著だったのでしょう。

その後、二か月足らずのうちに実朝殺害事件は発生したのである。 それは建保七年正月/27日の事です。  二十五坊の別当でありながら、人々の間で問題になるような態度を示したことは大変重要であり、危険な状況でした。公暁は早々と実朝の殺害を計画していたことは明白で、多くの人が公暁のそういう意思に気づいていた可能性が濃い。  当の実朝だけが感知していなかったのでしょうか。

頼朝の雪見の遊興でも知られるように、二十五坊の建物が肩を並べていた鶴岡神宮寺は、八幡宮裏の隠逸な環境にあり、中央から隔離されたような状況に置かれていた。  そのような点を重視するならば、北条政子がことさらに公暁を円城寺に入れ、阿闍梨に仕立て上げてから、神宮寺別当に推挙したという措置が際立って計画的に見えてきます。

実朝暗殺事件は北条氏による巧みな誘導に起因するのかもしれません。  事件当時、公暁はまだ二十歳の若輩で事態の真相を見極める能力が乏しく、的確な情報も与えられていない状況での暴挙だと考えられます。  暗殺直後に二十五坊の後見人備中阿闍梨の許へ駆け込んだという事実がその間の事情を雄弁に物語る。     (終)

平成二十六年甲午・庚午・丙申
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。