FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

平家と結んだ大庭氏

*大庭景親の平氏接近

源義朝の御厨侵入事件以降、大庭一族は、御厨に隣接する豊田庄(平塚市・豊田本郷)は嫡子の平太景義・三郎景親・四朗景俊・五郎景久によって分割相続された。  このうち御厨下司職を継承したのは三郎景親(kagetika)で、 景義は御厨の南西部に当たる懐島(futokorojima)(茅ヶ崎市)、景俊は父景宗の墳墓の地である大住郡豊田庄、景久は御厨内俣野郷(横浜市戸塚区俣野町)を伝領して、それぞれの所領名を苗字としたと思われます。

一方、大庭氏の一族には、彼らの従兄弟として高座郡長尾郷(横浜市栄区長尾台)に長尾新五為宗・新六定景兄弟が、鎌倉郡梶原郷(鎌倉市梶原)には石橋山合戦の際、頼朝を助けたことで有名な梶原平蔵景時がいた。  そこで、鎌倉権五郎景正の子孫(鎌倉党)の分立範囲を見てみると、東限は鎌倉郡南部の梶原郷、そして高座郡南部を占める大庭御厨を中心にして、西は大住郡豊田庄に至るほぼ一群規模の領域ということができる。

保元の乱(1156)に際して、大庭氏一族から平太景義と三郎景親が義朝に従軍していたが、続く平治の乱(1159)で、大庭氏が義朝の軍に参戦しなかった理由は不明であるが、結果的にこれが大庭氏にとって幸いしたことは言うまでもない。義朝に属した坂東の武士たちは所領の没収など直接処罰を受けることはなかったが、謀反人への加担者として雌伏を余儀なくされ、義朝亡き後、国家唯一の軍事統括者としての地位を固めた平氏から危険視されたことも、また事実であったと思われる。  ところが、大庭氏は源氏との関係の深い相模国の有力な武士でありながら、偶然ではあったが義朝の軍に参加していなかったことから賊軍加担の汚名をきることなく、かえって国内における地位を相対的に向上させることに成功した。

こうした有利な状況を背景に、大庭景親(ooba・kagetika)は積極的に平氏への接近を図ったようです。  ちなみに、景親が平氏に従属した契機として、何らかの罪科によって処罰されるべきところを平氏に除名されたことを上げている。  (源平盛衰記)

いずれにせよ、平治の乱後、景親が平氏と急速に接近したことは確かで、坂東武士団の統括に苦慮する平氏にとって景親は都合よく、重要な存在となり、大番役の催促をはじめとする相模国における軍事・警察的機能も、従来これを掌握していた国衙在庁の有力者であった三浦氏や中村氏の手から景親のもとに奪取されたのである。

諸国の武士は平治の乱後、王朝の侍大将となった平氏のもとに再編成された大番役などを勤仕する体制が作られたが、景親は相模国におけるその統率者、つまり守護のような役割を担うことになったのである。

*源氏の挙兵と大庭氏

治承四年(1180)5月、以仁王・源頼政が平氏打倒の狼煙を上げた時、大番役で在京中であった景親は、官軍に属してその追討に当たり、さらに清盛から関東に居住する源頼政の孫を追討すべき私命を帯び、同年8月在京の軍を率いて相模国に下着した。(吾妻鑑)

当時、坂東で不穏な動きを見せていた上総権介広常の召喚も清盛は景親を通じて行っています。 また、平氏の有力御家人で坂東八か国の侍奉行・上総介藤原忠清も頼朝挙兵の動きについて景親に諮問しています。  (吾妻鑑)

このことから、平氏政権の坂東支配における景親の比重の大きさを推察することができるでしょう。    (続)

平成二十六年甲午・辛未・戊午
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。