FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

平氏と結んだ大庭氏

*源頼朝  挙兵

大庭景親が京から相模に帰着してから半月後の8/17日、源頼朝は伊豆の目代平兼隆を討ち、20日には三百騎の兵を率いて相模国に進出した。  これに対し、大庭景親は相模一国の武士団を中心とする三千余騎を糾合し、23日、両軍は石橋山にて戦端を開いた。  云うまでもなく、この合戦は景親側の圧勝に終わったが、ここで両軍の軍事構成を見ておきたい。

まず頼朝軍であるが、伊豆から引率した武士のほか相模国から中村氏一族、それに大庭氏一族の景義・景俊兄弟が加わり、三浦一族もこれに合流するため進軍中であった。  このうち大庭一族の参加は、大庭一族内部の対立がこの時期まで尾を引いていたことが解ります。「源平盛衰記」によれば戦に敗れた一方は勝者につくという一族の延命策のように説明されている。

当時の武士団においては、兄弟といえども全く独立した生活体を営み、族的結合の基盤は親の教令権にあったと思われます。

景親に敵対した勢力について考える場合に、重要なことは、景親の勢力伸張が、三浦・中村氏ら国衙系武士からの職権簒奪によるものであったこと、さらには、景親の領主的発展にともなう景親の所領周辺の一族をも含む在地領主たちの犠牲の上に成り立っていたということである。  こうした国内武士層と景親との対立が、平家による権力構成の進行に伴って激化するのは必然であった。

その様な状況の中で、平清盛はクーデターを起こし、後白河法皇を鳥羽離宮に幽閉して政権を掌握したが、国内における平家追討の動きは日に日に強まり、国家に対する反乱を企てた頼朝に対し、すぐさま呼応して起こったのが国衙を存立基盤とする三浦・中村氏一族と、景親の所領周辺に本領を有する懐島景義・豊田景俊であり、石橋山合戦で頼朝に心を寄せながら景親の陣に加わった飯田家義、頼朝の所在を知りながら見逃した梶原景時も、その所領が大庭御厨に接する関係にあったことは決して偶然とはいえない。

彼らにとって頼朝の奉ずる以仁王令旨(motihitoou・riyouji)は、大庭景親打倒の大義名分となり、挙兵への呼応は状況打開のまたとない機会であり、彼らのすべてをかけたのです。  かつて源義朝の命を受けて中村庄司ら相模国の源氏家人たちと共に大庭御厨に乱入した三浦義明が、この時の心境を「吾妻鑑」は以下のように記述しています。

*三浦義明のアピール・・・われ源家累代の家人として、幸いにその貴種再興の時に遭うなり。なんぞこれを喜ばざらんや・・・・・・。

源氏再興と表裏一体の関係にある三浦一族の在地での地位回復を期しての感懐としてとらえれば、かなり真実味を帯びてくるように思われる。

一方、大庭景親直属の軍事力を構成したのは、弟の俣野景久以下同族の梶原・長尾など「鎌倉党」と称される武士団で、その中には足下郡の武士も含まれ、平家に密着して地位を向上させた大庭景親に対し、国内の小武士団が服属の動きを示したと推測される。

大庭景親は相模のほか、武蔵・駿河にもそれぞれの国の棟梁や目代を介して軍事動員を行い、弟の俣野景久に駿河一国の軍事力を与え甲斐源氏の軍に対処した。(吾妻鑑)

この様に頼朝挙兵時の大庭景親は、平氏政権を背景に大きな実力を有し、頼朝が房総・武蔵を平定して再度相模に侵入した時点でも一千騎の兵力を有し、西国から下る平維盛の率いる追討軍への合流を目論んでいた。  (吾妻鑑)

しかし、富士川の合戦で維盛軍があっけなく敗れ、西走したことで大庭景親の再起は不可能となり、相模国府に対陣していた頼朝のもとに降人として出頭し、その身柄を上総介広常に預けられたが、治承四年十月二十六日固瀬川にて斬首された。(吾妻鑑)      (終)

平成二十六年甲午・辛未・辛酉
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。