FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

大幹線路・朝夷奈

*鎌倉・四角四境

元仁元年(1224)12/26条、疫病が流行したので、執権・泰時は四角・四境の鬼気祭を陰陽道に命じた。   四境とは、東は六つ浦、南は小壺、西は稲村、北は山内を指したようだ。案外近距離だが、六つ浦は鎌倉からは異郷の感が深かった。
朝夷奈切通しの鎌倉側・梶原景時、大刀洗の名勝
s-2010_1024_115653-DSC01101.jpg
南東方面の三浦・房総にかけては、主に三浦氏の領域であり、北西方面に比較して、幕府の管理の及ばない地域が多く含まれ、神経が強く集中していたことを示します。  幕府のまなざしが北西よりも南東の方に厳しく注がれていたが、その極限が六浦ということになる。

以上、述べてきました諸祈祷や祭事はすべて朝夷奈切通しが開通以前の古来の必要性に応じて対処していたことが解ります。 別な言い方をすれば、長い歳月の間の要請に応えるようにして、ようやく朝比奈切通しが開設されたということになる。 当然造られるべくして造られたと考えられる。  軍事上・政治上の必要性は無論だが、必ずしもそればかりでなく、祈祷・祭事等、種々の生活条件を満たすための要望を受け入れたという点も同時に見逃せない。

もっと明確な言い方をすれば、鎌倉の市街地の外郭もしくは外輪を完成するために、必要に迫られて急いで工事を実施したということになる。つまり大幹線道路「朝夷奈切通し」の開通は、鎌倉の外輪を強化したしたという意味で、線の発展ではなく、面の拡充をした結果にもなった。   (終)

平成二十六年甲午・辛未・庚午
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。