FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

譜代の御家人・比企氏

*比企氏の乱は本当にあったのか?

尼御台所・政子としては、病状最悪の頼家には期待が全く持てなくなった以上、やはりもう一人のわが子実朝が大切である。だが、まだ若くて頼りない。  わずか十二歳である。  緊急に政子自身が手を打つ必要があった。躊躇すれば、比企氏に全面的に政権をゆだねる結果になる。・・・頼朝を支え、苦心を重ね営々と築き上げた北条氏の地盤は、たちまち崩壊してしまう。 この際何としても比企能員を討たなければならなかった。その様な時に政子は重大な決意を固めたに違いない、先述した創作劇の事だ、政子から見れば、愛息実朝と愛孫一幡とを差別する必要は全くないが、両者を激しく対立させて考えるのは、やはり一幡の背景を成す比企能員への強烈な意識によるもである。
比企一族が眠る・日蓮宗妙本寺の祖師堂
s-2011_0406_113521-DSC01547.jpg
北条政子の創作による通報が時政にもたらされると、時政は意外にも取り乱したという。  これは一体どうした事なのだろうか、まず幕府の重鎮大江広元に相談したが、「兵法に関しては、判断できない誅殺すべきか否か、賢慮の上決定なさるように」と広元はきれいに逃げてしまった。

*事件の結末

大江広元が時政邸を辞して、帰宅していった後に、その場で薬師仏の供養が始まった、その仏事には比企能員も招待されており、甲冑も着用しない無防備のまま単身姿を現したのである。   そこで能員は悲惨にも難なく殺害されてしまった。

それに比して、時政の家人たちはすべて甲冑に身を固め、優秀な侍を揃えて待ち受けていたのだから、ずいぶん残酷な話である。 能員は子息の忠告を振り切って、単身無防備のままあえて時政邸に赴き薬師仏の供養に参向したのです。特に注目すべき点は、能員が出発に際して「御譲補等の事に就きて、仰せ合わせらるべき事あらんか」と述べているところです。

つまり、将軍家の権益を二分するという懸案の問題について、何か新しい提案があるのではないかと思ったからである。協議の上、平穏に事を収めたいという能員の柔軟な姿勢が見えます。・・・すなわち、その段階では叛逆の意思など全くなかったのです。 政子の創作による情報のねつ造に躍らされた観がある。

通説である比企氏の反乱という表現は、北条氏による都合のよい方向に沿って記録されたと思われます。 政子自身が十分に覚えがあるはずだが、源家草創の時代以来、比企氏は常に献身的に尽力を惜しまなかった。  夫の頼朝が伊豆で孤独な流人時代を送っていた日々に、比企氏は幾多の危険を冒して援助に駆け付けた。

その様な比企氏滅亡の惨劇は非常に複雑な経過を経て、異変が次々に重なり、極めて錯綜しているように見えるのだが、すべて一日のうちに起こった事件なのである。  「吾妻鑑」の記録によれば、このめまぐるしい変動が、すべて建仁三年9/2日のうちに起こったように記録されています。

こうして観てきますと本当に比企氏による反乱はあったのでしょうか。・・・・やはり北条政子による創作劇が時政に通報され、仏事に招かれ際に殺害されてしまったのでしょうか。・・・・・だが事件はそう単純ではなかったようです。能員殺害計画の背景に身を隠していたのは、時政の後妻牧の方である。  当時の北条氏を表面で牛耳っていたのは北条政子と弟の義時である、二人は共に時政の先妻の子である。 一方裏の実力者は牧の方である、先妻の子二人と後妻の牧の方と馬が合わないのは当然だった。  そうした両者の争いに比企氏は巻き込まれてしまったのではないでしょうか。・・・或は比企氏の乱など本当は無かったのかもしれません。? ・・・  (終)

平成二十六年甲午・壬申・己卯
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。