FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

木曾義仲と頼朝(従兄弟)

*父・源義賢(minamoto・yosikata)・(源義朝弟)

源義賢というのは源氏の頭領義朝の弟で、二番目。  三男が源行家(例の以仁王の令旨を持参して関東に下向した人物)。  久寿二年(1155)8/16日、突如、義朝の嫡男義平(yosihira)の急襲にに遭って敢え無く討たれてしまった。

義賢は東宮護衛の長を務めるほど武名の高い人物であったが、本当にあっけなく討たれたようです。  この争乱の原因についてはよく判っていないが、おそらくは領地問題のもつれか、郎党同士の争いから争乱事件に発展してしまったものと思われる。  あるいは義朝自身も承知の坂東武士の掌握を狙った暴挙だったのかもしれません。 そのような事件のせいか義平は悪源太・義平と云われるようになった。
源義朝・義平親子の鎌倉邸宅跡  (現寿福寺・鎌倉市、扇ヶ谷)
s-2011_0401_100104-DSC01525.jpg

源義平は義賢を急襲し討ち取ったが、義賢の子駒王丸を発見できず、その捜索を畠山重能(hatakeyama・sigeyosi)に命じ、上京してしまった。  重能は駒王丸を捕えたものの、恩ある源氏の御曹司を刃にかけるに忍びなく、秘かに駒王丸の乳母の夫である信濃の中原兼遠に養育を託した。  この駒王丸こそ後の木曾義仲です。  義仲は物心つくと同時に、平氏を憎むより、父を討った、同族の義朝の血統に憎悪の念を燃やしたのです。

*中原兼遠・・・・源氏という貴種に依存して、一族の繁栄を考えた。  我が子のうち、次郎兼光を伊那郡に、四朗兼平を筑摩郡に、五郎兼行を恵那郡に配して将来の大事に備え、その実力を背景として義仲の将来に期待をかけたようだ。  (源平盛衰記)

兼遠は義仲が挙兵した時、京の平宗盛に召喚され、義仲を庇護したことを咎められています、そこで義仲の逮捕を約束し、二心のないことを誓うために、熊野の牛王(go・ou)に起請文を書かされている。  当時の起請文というのは、現代では想像できないほどの絶対的信仰に裏打ちされた誓約状であり、兼遠も神罰は恐ろしかったのか、信頼する根井行親(nenoi・yukitika)に義仲の後事を託して、自分は一寺を開いて出家してしまった。  臨済宗・林昌寺である。

信州・木曽川のほとりで成長した、木曾義仲の周囲には中原兼遠はじめ、頼みになりそうな多くの信濃武士たちが集まり始めた。   しかし頼朝が石橋山で敗戦の憂き目に遭い、安房に逃れて以降短期間の間に数万の大軍を集め、鎌倉に坂東武士たちの政権を樹立したのと比較して、その歩みは遅々としている。一方頼朝は嫡流であり、関東には頼義・義家(八幡太郎)以来源氏の恩恵を受けた武士が多かったのに比較して、義仲はいわば分家筋であり、義仲と信濃武士との間には互いに利用しあう絆はあっても、それ以上の精神的なよりどころが希薄だったようだ。  義仲が実際に北信・越後・越前の平氏方の追討軍(源氏)を破ったころから、ようやく義仲の名将ぶりが喧伝され味方に加わる武士が急激に増加してくる。  これは頼朝がほとんど壊滅状態から再起したのとは、かなりの差である。

おそらくは義仲はそうした関東の情報に対して、苛立ちを抱いていた事でしょう。  頼朝は父・義賢を殺害した憎い仇の一味なのである。それが天下取りのために着々と地盤をかため、やがて平氏を倒して日本中の武士の棟梁になろうとしています。考えても不愉快きわまる事なのだ。  義仲はそのために、何としても頼朝より先に京にのぼり、平氏を倒して実力ナンバーワンを頼朝に見せつけたかった。  天下取りは「家柄」ではなく、「実力」なのである。ですが、嫡子・義高を人質として頼朝に差し出さなければならなかったときには、相当の忍耐が必要であったに違いない。一日も早く平氏を打倒し頼朝の鼻をあかしてやりたかった。・・・・・

しかし、義仲がその様に逸り立つことは、頼朝にとっては好都合であった。  当時、西国が大飢饉の為に、大軍団が京都に駐留することは不可能なことを知っていたふしがある。・・・そして平氏討伐は、むしろ義仲に任せたかったのである。 そして自分は着々と関東の地固めに専念した。  義仲は見事にその遠謀にひっかかったのである。

京にのぼった義仲はやはり「力は正義なり」とばかり、法皇の権威を認めず弾圧政治を強行、それはいたずらに宮廷勢力をも敵に回す破目になり、しかも兵士たちは糧食をあさり、市中で略奪の限りをつくす結果となりました。

源範頼(minamoto・noriyori)(頼朝・弟)・義経の軍が義仲追討のために京に入った時、義仲の軍は僅か数百に過ぎなかったと云われます。入京したときの兵力は六万余であったのにである。  戦略、戦術にかけては義経と並び、名将といわれた義仲も、最後は頼朝の政略のまえに敗れた。  三十一歳。    (終)

平成二十六年甲午・壬申・壬午
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。