FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

木曾義高と大姫

*義高処刑の反応

義高は府中から所沢を走り、入間川を渡って鎌倉街道を逃げたという、行く先は、いまだに祖父義賢(yosikata)の遺徳が残る大蔵の館か、それとも父義仲の幼時に情けをかけてくれた畠山重能(sigeyosi)の館だったか。・・・・・
義高も通ったであろう旧鎌倉街道(鎌倉市・大船離山付近)
s-2012_0113_111258-DSC01888.jpg

入間川の辺に影隠地蔵という地蔵さんがあり、この地蔵を土地の人は身かくし地蔵とも、かくれ地蔵とも呼んでいるが、義高がここまで逃げ延びて、ついに鎌倉方の追手に発見されたが、急いでこの地蔵の陰に隠れ一旦は難を逃れたという。しかし、やがては追手に囲まれて捕われ、入間川の河原で斬殺されてしまう。

義高処刑の報はいち早く信濃、甲斐に伝わって、その報に不穏分子がすぐに反応した。  先に義仲を失い、今また義高が討たれた木曾党は、この際かなわぬまでも一戦をと仲間を集め、秘かに平家に組する者がそれに便乗して、かなりの兵力になっていた。  かくて鎌倉側も無視してはいられず、足利、小笠原の軍を甲斐国へ、小山、宇都宮、川越、豊島氏には信濃へ進発の命が下された。

平氏一門との最後の決戦を前に、すべての反動分子絶滅しておこうとの用心深い頼朝の方針なのであろう。

しかし頼朝が自分の意思で成功したのはここまでで、義高の処刑を恨む政子や大姫の反発は厳しかったようだ。  大姫は早くも水断ちをして父に抵抗する。  生来虚弱な体質が、義高の死を知って以来とみに衰え、涙をたたえ父を見上げる姿には頼朝も閉口したようだ。

少々外れますが「吾妻鑑」に次のような記述がありますので紹介しておきます。  文治二年(1186)、五月、大姫が南御堂(勝長寿院)に静御前を呼んで芸をさせたとあります。  静御前は頼朝の厳しい詮議の目を逃れられず、母磯禅師と供に鎌倉に来て取り調べを受けていた。  この時、静は義経の子を身ごもっており、再び遭うことのない運命の悲しさに泣いていた。  大姫といい、静といい、共に愛する人を失い、何も言わずとも互いに心の底から慰めあった事だろう。

建久六年(1195)の東大寺供養には、政子を始め我が子、家の子を全員引き連れて鎌倉を発った。  平氏が滅亡して十年、ようやく天下は太平となり、頼朝としてはその武威を朝廷にまで示し、同時に彼が反面憧れる京のみやびを家族に見せたかったのだ。  この時後白河法皇の寵妃であった丹後局(高階栄子)を通じて、大姫を後鳥羽天皇の女御(niyogo)として入内させようと画策している。 時に後鳥羽天皇は十六歳、大姫は十八歳である。  頼朝も今度は急くことなく、それとなく大姫の心変わりを待つつもりになっていたようだ。

ところが鎌倉に帰った大姫は以前に増して衰弱が激しくなり、とても頼朝の希望は叶えられそうになくなっていた。  以後大姫の病状は回復することなく、一年を待たずして、義高の面影を忘れ得ぬまま、二十年の生涯を消えるように終えています。  (終)

平成二十六年甲午・壬申・乙未
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。