FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

幕府創設の功労者・三浦氏

*その後の三浦氏

五代執権・北条時頼の本当の狙いはおそらく相模国を実質支配する三浦介の地位と権限を奪い、同国を武蔵国同様北条得宗家の地域支配の基盤に据えようとしたところにあったのではなかろうか。  宝治合戦のあと時頼は相模守となるが、それ以降相模国は「相州御分国」と呼ばれたようです。
「ぼんぼりまつり」、立秋の前日から三日間鎌倉在住の文化人の書画をぼんぼりに託して奉納
s-2011_0809_183314-DSC01694.jpg
相模はもともと将軍知行国(関東御分国)の一つであり、北条得宗家はそれを簒奪したことになる。 このような点からも、いよいよ得宗専制と云われる体制が固まりつつあったと考えられる。  ちなみに三浦介の名跡は、宝治合戦で時頼の味方した佐原盛時(sahara・moritoki)が継承したようだが、実情は「吾妻鑑」の記述を見る限り、将軍や北条一族に対する供奉などの奉仕ばかりで、三浦介としての権限は手にしていなかったと思われます。

宝治合戦のあと三浦氏は相模守護の地位を失い、以後この国には守護は置かれずに、政所と侍所が権限を分掌したと考えられています。  かくして幕府の宿老筆頭三浦惣領家は滅亡した。

頼朝以来の宿老体制(合議制)の解体を意味し、幕府政治は最終段階の得宗専制体制へと移行したのです。  三浦氏に関して云えば、先述したように三浦介の名勝を継承した盛時の家計が生き残ったので、その後の三浦氏の歴史を検証しておこう。

鎌倉時代の歴史の中で、二度にわたる蒙古襲来(文永の役=1274、弘安の役=1281)はまさに国難というべき大事件であったが、 その危機を何とか切り抜けた鎌倉幕府にとっては、弘安八年11月に起こった霜月騒動(simotuki・soudou)も幕府史上最大といっていいような大騒動が起こった。 この事件は執権貞時(九代)(時宗嫡男)を補佐する安達泰盛(yasumori)と得宗家内管領(utikanrei)平頼綱(yorituna)が争ったもので、結果的に泰盛が敗れ、得宗家内管領の政治的発言権が強まり、この事件によって得宗専制体制は確立されたと考えられています。

この騒動で三浦一族は、盛時の子三浦介頼盛(yorimori)は動かなかった。・・・・三代下った高通(takamiti)の代(南北朝)に、宝治合戦で失った相模守護の地位が復活したとみられ、三浦介の名跡に実が伴うようになり、三浦氏が相模の実力者として再興する道が開けた。

室町期に入り三浦氏は三浦介・時高(tokitaka)が相模の雄として完全に復活していたが、実子がないため、扇ヶ谷上杉氏出身の義同(yosiatu)、(三浦道寸)を養子としていた。   しかし急速に勢力を伸ばした新興の小田原北条氏・伊勢早雲によって岡崎城・新井城と籠城戦を戦ったがついに敗れた。

こうして平安時代から続いた相模武士三浦氏の本宗は姿を消したが、多くの支族が、本宗家滅亡の後も各地に名跡を残しています。

*美作・三浦氏、 越後・三浦、和田氏、 陸奥・芦名氏、 安房・正木氏、 周防・三浦氏等・・・

(終)

平成二十六年甲午・癸酉・辛亥
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。