FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

秀吉の小田原攻めと北条氏の滅亡

*上杉謙信・急死

天正六年(1578)三月に上杉輝虎(謙信)が急病で倒れた後、四十九歳の生涯を終わった後の沼田は、小田原北条氏の支配すところとなった。
上杉輝虎(謙信)が関東管領拝賀式を行ったとされる鎌倉鶴岡八幡宮の流鏑馬神事。
s-2012_0415_133138-DSC01964.jpg


惣領・養子に迎えられた三郎景虎は義理の兄・武田勝頼に裏切られ、頼みの小田原からの援軍も間に合わず、御舘に火をかけられ景虎方の武士は、残らず討ち死にしてしまった。

こうして上杉景勝は「御舘の乱」を制して越後の領主になったのである。  後日、敗れた景虎の義兄・武田勝頼がとった行為に、関東の武将たちは「勝頼は大欲に走って義理の通し方を誤ったとされ、惣領となるべく三郎景虎をあやめた」と勝頼を非難したという。  その勝頼も天正十五年、織田・徳川の連合軍によって敗れ、滅んで果てた。

謙信後の沼田は北条氏の支配するところなっていた、しかし、武田氏の指示に従って真田昌幸(sanada・masayuki)は上野を攻撃、これを手中に収め、さらに利根へと侵入し、上杉の残存勢を追って利根川東の北条勢と戦った。 その結果北条氏の沼田城代藤田信吉(fujita・nobuyosi)は、沼田城を昌幸に明け渡した。

その後武田が滅亡、織田信長が本能寺で討たれると、徳川家康は甲斐に侵入、甲斐・信濃を領有しようとした。それを知った北条氏直(ujinao)は、直ちに軍勢を甲斐・信濃に派遣し、甲斐国の一部を攻めとり、上州方面に軍勢を進めたが家康との間に和睦が成立。  和睦の条件は、武田氏の旧領地の内、甲斐・信濃は家康に、上野は北条の所領とし、さらに家康の娘督姫(tokuhime)を氏直の妻とするといった内容であった。

上野国は北条氏にといった約束だったが、家康の家臣真田昌幸は、その後も沼田に居座った。  家康の仲介が不調に終わり関白・秀吉の介入する所となったのである。

北条氏政は沼田が小田原北条の所領になった経緯を説明した。その結果沼田は北条の所領とすることで話がまとまったが、条件があったのである・・・・・氏政の上洛である。

秀吉の裁定で「沼田の中で名久留美(nakurumi)は真田家代々の墓所で有るので真田に授け、その他の地は北条が支配すべきである」との裁定が下った。  北条氏は沼田城に城代の猪俣範直(inomata・norinao)置いたのであるが、この城代がいけなかった、事もあろうにその「名久留美城」を攻撃して真田を追い出してしまったのである。

初めにも記述しましたが,沼田の名久瑠美城奪取事件は、秀吉に格好の口実を与えてしまったようです。 豊臣軍が箱根山を超えてきた情報が入った時、北条氏政・氏直は重臣達を集め徹底抗戦の構えを見せた。・・・・・

先年の越後の上杉謙信や武田信玄の小田原攻撃に籠城戦に徹して勝利した実績からの判断だと思われます。  だが兵力の差は歴然で結局は小田原城は無血開城・鎌倉玉縄城も無血開城しています。  (終)

*突然ですが一週間程度お休みします。・・・再開しましたらまた訪問お願いします。

平成二十六年甲午・甲戌・戊寅
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。