FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

東国・源氏の興隆

*平忠常の乱

桓武天皇の平安遷都から百年、桓武の曾孫高望王(takamotiou)は臣籍降下され皇族から平氏となると、武芸に優れていることを買われて治安の悪い東国に上総介として派遣された。
源頼義が鎌倉・亀ヶ谷の屋敷を平直方から譲り受けた(直方の娘とも婚姻している)  現・扇ヶ谷寿福寺
s-2011_0401_095720-DSC01523.jpg
ところがその平高望親子は任期が過ぎても帰京せず、在地の勢力と結びつき武士団を形成して行きました。  その子孫の平忠常が房総で乱を起こすと、京の朝廷は追討使を派遣した。  平直方(taira・naokata)である。直方は鎌倉・亀ヶ谷に屋敷を構えて乱の鎮静に努めたが、一向に乱は鎮まら無かった。  業を煮やした朝廷は次に武勇で名高い源頼信(minamoto・yorinobu)を派遣すると忠常は恐れをなして降伏したという。

その後、直方の娘と源頼信の嫡男、源頼義が婚姻して義家(八幡太郎)が生まれています。 この時期に亀ヶ谷の屋敷を譲り受けたと思われ、鎌倉は河内源氏の東国の拠点となりました。  また平直方の子孫は伊豆に住んで鎌倉・北条氏となりました。

*東国の紛争

奥州の阿部氏が国に反抗した前九年の役が始まると、陸奥守源頼義は出羽国清原氏の支援を受け阿部一族を滅ぼし、京都に帰還している。その途中鎌倉の由井郷に源氏の氏神・石清水八幡宮を勧請しました。

源義家も父と同じく鎮守府将軍・陸奥守となり、任地に赴任した。  そこでは陸奥国まで勢力を伸ばしていた清原氏の兄弟間で後三年の役と呼ばれれる紛争が起きていました。義家は清衡側について勝利しますが、朝廷は「勝手に豪族の争いに介入した」として乱を収めた武士達に恩賞を与えませんでした。  

朝廷から戦費も恩賞も得られなかった義家は「命を懸けて戦った部下に対して、自分の私財を分け与える」と云ったので、その信頼関係は強固なものになりました。  もう一人の勝者清衡は実父の姓を名乗り藤原清衡となり、奥州藤原氏の祖となります。

*新羅三郎義光(sinrasaburou・yosimitu)

源義光は、後三年の役で奮戦する兄義家を援けるため陸奥国へ行こうとしますが、朝廷の許可が得られなかった。やむなく官職を辞して駆けつけ義家を助け勝利した。  戦後、官職を捨てた京都に居場所はなく東国に住んだ。 鎌倉にも屋敷があったようだがよくわかりません。  子孫は甲斐、常陸、信濃に土着し、各々武田、佐竹、平賀と名乗った。 (続)

平成二十六年甲午・甲戌・乙酉
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。