FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

東国・源氏の興隆

**義仲滅亡

「寿永二年十月宣旨」や木曾義仲追討で、京に上ることに批判的であったのが上総介広常です。  富士川での合戦後に頼朝が上洛する事に反対した急先鋒が広常でした。「鎌倉殿の前で下馬の礼を取らないなど無礼な態度と共に、謀反の嫌疑もある」とされて梶原景時によって殺害されます。  これは、上洛に反対する御家人に対する見せしめとも言われています。
現在の大倉幕府跡付近、源頼朝墓方面を望む(鎌倉・雪ノ下)
s-2010_1011_102858-DSC01040.jpg
「頼朝に東国支配を認めた後白河法皇」に対して、反発した木曾義仲は、法住寺殿(houjiyuujidono)を攻撃、後白河法皇を五条にあった仮の皇居、里内裏(satodairi)へ幽閉しました。  すると後白河は義仲の言うがまま平家の旧所領を義仲に与え、義仲を征夷大将軍や源頼朝追討使に任じてゆきました。

義仲の圧力に屈していた後白河は、頼朝軍(源範頼・義経兄弟)の上洛を待って反撃に転じ、京・石山辺りまで義仲を追い詰めこれを討ち取りました。

**平家滅亡へ

一旦は大宰府まで落ちた平家が勢いを盛り返し、屋島(yasima)を本拠地として福原さらに京に迫る勢いとなってくると、 後白河法皇は頼朝に平家追討を命じました。弟の範頼は生田川で、義経は一の谷で圧倒的な勝利を収め、清盛の五男重衛(sigehira)を逮捕し、梶原景時によって鎌倉に護送され頼朝と対面した、頼朝は重衡の毅然とした態度に感心し当面鎌倉で暮らすことを許しました。

平家追討の初期の戦いが終わると範頼は鎌倉に帰るが、義経は京に残り院や平家の監視および京の治安維持を頼朝から命じられた。  後白河は京に滞在する義経を検非違使・左衛門少尉に任じましたが、このことが頼朝と義経兄弟の不和の原因となりました。  頼朝は自分との結びつきが弱まることを懸念して、許可のない御家人の任官を厳しく禁じていましたが、義経の任官について頼朝には何の通知が無かったからです。

*壇ノ浦

義経は一の谷に続き屋島の戦いでも勝利し、周防灘まで船団を進め壇ノ浦の合戦が始まり、潮の流れをつかんだ義経軍は優勢となり、総大将の平宗盛(munemori)は捕えられました。   この知らせはすぐに頼朝の基に報告された。「吾妻鑑」によれば、父義朝の霊廟・大御堂の上棟式の最中にこの知らせが届いたという。 (続)

平成二十六年甲午・甲戊・庚子
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。