FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

東国・源氏の興隆

**鎌倉武士にとっての「法華堂」とは

頼朝は、正治元年(1199)正月十三日に死去した。  彼の死のきっかけは、御家人(稲毛重成)が亡き妻(北条政子の妹)の追福の為相模川に架けた橋の落慶供養に出席し、その帰りに落馬したことによるらしい。彼は、大倉法華堂に葬られた。
大倉法華堂・石塔(鎌倉・雪ノ下)
s-2010_1011_103140-DSC01041.jpg

鎌倉幕府(大倉御所)には、頼朝、頼家、実朝の源氏三代が住んだが、この御所の近くに、正確には御所の北側の背後の山の中腹に、頼朝の墳墓堂である法華堂が建てられていた。  それを大倉法華堂という。  その場所は現在の頼朝墓所の地と考えられている。  当時貴族や上級武士の間では、法華堂を墓所とする場合が多く、後白河上皇を始め法華堂に葬られた。  それは、「法華経」には使者の減罪の機能があると信じられていたからである。 

その様な源氏三代に亘る繁栄の地、大倉も北条泰時によって御所の移転が決定された。  非業の死を遂げた源実朝の住居大倉御所が怨霊の地となったという認識が彼にあったと推定される。 頼朝の死後、その息子たちは頼朝の御家人たちによる権力闘争に翻弄され続け、 源頼朝によって開かれた鎌倉幕府は大倉の地にあった四十五年間が源家の時代であったにすぎない。(1180~1225)

それ以後百年以上にわたって鎌倉時代を統治し続けたのは、伊豆の弱小豪族・北条時政(houjiyou・tokimasa)の子孫たちです。   「東国・源家の興隆」のリポートはこのあたりで終了します。  (終り)

予告・・・・この後、何度となく鎌倉北条氏に付いてリポートしてきましたが、できる限り重複を避け、新しい解釈を取り込みながら鎌倉北条氏を「執権政治」・「得宗専制」の二段階に分けてリポートして行きたいと考えています。  往々にして横道にそれますが修正しながら室町期までの長いリポートになりそうです。・・・・・今後もよろしくお願いします。   mituuroko

平成二十六年甲午・乙亥・乙卯
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。