FC2ブログ

鎌倉北条氏の時代

**将軍にならなかった北条氏(ⅩⅩⅡ) 没落・三浦氏

宝治合戦の収束した直後に、将軍頼綱は鶴岡八幡宮に相模国谷部郷を寄進している。  寄進状には、謀逆の輩が誅されたのは神道の御加護によるという文章が添えられていたという。 この谷部郷とは、三浦の矢部と考えられ、衣笠城一帯を含む三浦氏の本拠地であるから、この寄進は、三浦氏が本領を没収されたことを意味しており、三浦氏の没落を象徴していることになる。
三浦氏の居城・衣笠城址   (桜の名所・衣笠公園付近)
DSCN0558.jpg
しかし、三浦一族の中には、族滅を免れた一族もあった。佐原氏である。  佐原氏は三浦義明(miura・yosiaki)の子義連(yositura)から出た一族で、次男盛連(moritura)は北条泰時の前妻である矢部禅尼(yabezenni)を娶って光盛、盛時、時連らをもうけている。  彼らは北条時頼と叔父と甥の関係にあり、その関係で北条方についていた。

さらに彼らとは異母兄弟にあたる佐原経連(tunetura)も、一族の泰村に同意することなく、時頼の父である北条時氏(tokiuji)の旧好を選び、時頼の陣に参集し北条氏方についたのである。  一方、佐原氏のなかでも家連(ietura)や光連(mitutura)のように、三浦氏と運命を共にしたものもあったが、彼らは北条氏との族縁を選び、生き残ったのである。  宝治合戦の後、三浦氏を再興したのはこの佐原氏である。

その後、佐原氏の惣領は光盛が継いだが、「三浦介」の称号は盛時が継承したらしい、しかし以前のような相模国の守護を意味するようなものではなく、その後守護は置かれなかった。 盛時は宝治合戦以前から得宗家の被官であったようで得宗・時頼は陸奥国糠部郡(nukabegun)五戸の地頭代に盛時を補任している。  このような関係が、北条氏の許でのその家の存続が許された要因の一つである。 一族から検非違使なども輩出したが昔日の面影はなく東国の雄三浦氏は葬り去られたのである。 (続)

平成二十七年乙未・戊寅・丁丑

***祝・新年・・・・・今年も健康で元気な年を迎えられたことに感謝します。 ブログを通じての記事が四年を越え600回を経過しました。これも皆様方からの励ましによって継続出来ていると考えています。 今年もまだまだ続きますので宜しくお願いします。・・・・・mituuroko
スポンサーサイト